So-net無料ブログ作成
検索選択

クリスマスに観る映画 [映画]

後輩が「雨水さんっ、クリスマスに彼女と見る映画っつったら、何がイイっすかね?」
というもんだから、そうねぇ、ディズニーもんでも観とけよ。と、適当に答えておいた(笑)
しかし、まじめに考えると次の映画が思い浮かんだので、これをおすすめしたいところだが
後輩はアホなので、難しいだろうな。

「ブラザーサン・シスタームーン」1972年 伊作
13世紀イタリアに実在した聖フランチェスコの物語だ。
裕福な商人の家に生まれたフランチェスコは、隣国との戦い(十字軍遠征)
に出かけるが傷ついて命からがら戻ってくる。
何日も高熱にうなされたあげく、精神的に覚醒する。
小鳥を追って屋根に登り、手のひらに捕まえた小鳥を「さあ」と空に放ち
そのまま、屋根のてっぺんで両手を広げる。
そんなフランチェスコの姿を父母、ギャラリーは奇異に見つめる。

ある日、フランチェスコは商売用の織物を二階の窓からほとんど投げ捨ててしまう。
「物は心の重荷だ、全部捨ててしまおう!私たちの宝は天国にあります!地上の富は無価値です。捨てろ、皆で捨てるのだ!」
激怒した親父はフランチェスコを殴りつけ、教会へ引きずっていく。
食事中で迷惑そうな司教に
「この馬鹿息子は、私の財産を窓から投げて見ず知らずの人間に与えてしまったんです。どうかお裁きを!」
するとフランチェスコは
「鳥のように生きたい・・・自分の魂を取り戻したいのです。私は生きたい、野の暮らし、丘に行き、木に登り河に泳ぐ・・・この足で大地を確かめたいのです。私は貧者になりたい。キリストも貧者でしたし、その使徒も・・・その自由が欲しい。・・・もう息子ではない・・・肉からは肉しか生まれず、霊は霊からのみ生まれるのです」
司教も父母も絶句し、唖然としてしまう。
その前で、着ている物を全て脱ぎ捨て
「・・・もう父も子もない・・・家を捨て兄弟を捨て、父を捨て、母を捨て、子を捨て、畑を捨て、天なる父を求める者は次の世で100倍も報われる・・・」
両親と絶縁を宣言したフランチェスコは裸のままでゆっくりと教会から出て行く。
おだやかに流れるドノバンが歌うテーマ曲。
フランチェスコは村の原っぱにある廃墟、サン・ダミアノ教会の再建にのりだす。

今で言うととってもカルトな人になるわけで、宗教的なイメージを毛嫌いする人は
拒絶してしまうかもしれない。 しかし、そういった先入観は排除して純粋な気持ちで観て欲しい。
俺は十代の終わりにこの映画に出会えて本当に良かったと思っている。
特に現代の若い人たちに観て欲しい。
フランチェスコのような生き方はまず無理としても、その生き方から何かを学べるはずだ。

ブラザー・サン シスター・ムーン

ブラザー・サン シスター・ムーン

  • 出版社/メーカー: パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
  • 発売日: 2006/11/02
  • メディア: DVD


デスノート [映画]

見に行きたいのだけどなかなか行けない。
原作の漫画は読んでいるので、少し違ったストーリーも面白いかもしれない。
しかし、エルは良いとして、どうにも夜神月のイメージがねぇ。。

ダークな話、誰でも死んで欲しいと思っている人間は何人かはいるはずだ。
そんなことは考えたくもないのだが、人間は本能として
すでに神と悪魔の感情が備わっているのだと思う。
でも、それでいいんじゃないかな。まったくまっとうな人間なんていないんだから。

BGM:emer kenny「Heaven」
http://www.andrew-jarrett.com/media/01_-_Heaven.mp3

Emer Kenny

Emer Kenny


マカロニウェスタン [映画]

欧米ではスパゲティーウエスタンという。
イタリア人が作った西部劇だから、そう呼ばれている。皮肉なのか親しみなのか・・
ちなみにマカロニと名づけたのは、あの淀川長治さんである。
発端はセルジオ・レオーネ監督が黒沢明の「用心棒」にインスパイアされ、それを
モチーフに制作したのが有名な「荒野の用心棒」で、そこから発展していって、ひとつのジャンルが確立して行ったわけだ。
特徴は簡単に言うと、暴力的、残酷、ガンアクションシーンが多い。等か。
「怒りの荒野」なんか、きついなーと思う。
ジュリアーノ・ジェンマが私生児の役で、「どうせお前は私生児だ!」と、思いっきり罵られ
町中のみんなに馬鹿にされいじめられる。
だけど何とかそんな連中を見返してやりたくて名うてのガンマン(リー・ヴァン・クリーフ)に
弟子入りし、次第に頭角を現すというストーリーだ。
初めて見た子供の頃は、私生児の意味がわからず後で知ったときは、そんなことで馬鹿にされるのか!
と、思ったものだ。何となく白土三平の「カムイ伝」のカムイに似てるな、生い立ちが。

さて、そんな感じで少しドロドロしたマカロニウェスタン
特に好んで何回も見直しているのが「ミスター・ノーボディ」だ。
もう引退を考えてるかつての名ガンマン(ヘンリー・フォンダ)と彼に憧れる無名の若者(テレンス・ヒル)の物語だ。あんまりドロドロはしていない。
何よりもエンニオ・モリコーネのテーマ曲が最高だ。使われ方も効果的。
だれでも一度は耳にしてると思う。素敵な曲です。
http://www.planetm.ch/aboutme/Maciste%20-%20Bud%20Spencer%20&%20Terence%20Hill%20-%20Il%20mio%20nome%20%E8%20nessuno.mp3

ミスター・ノーボディ

ミスター・ノーボディ

  • 出版社/メーカー: エスピーオー
  • 発売日: 2002/06/07
  • メディア: DVD


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。